ガツンと辛口だけど後味は水?日本酒「越後一会」を飲んでみた

越後一会(えちごいちえ)。

 

今回は、

・筆者の高校大学での友人W

・日本酒ビギナーの私

 

の二人でこの「越後一会」を味わってみました。ここからは「越後一会」に関する会話の内容です。

 

 

W:ほやの塩辛、頼んでいい?

 

私:いいよ、塩辛で食べたことないけど美味しいの?

 

W:癖は強い!磯臭いけど美味しいよ!

 

私:じゃ頼もう。

 

W:(越後一会をちょびっと飲む・・・)私これ好きです。

 

私:早いな、なんで?
W:辛いんだけど、アルコールが鼻から抜けていく感じがあって気持ちいい。

 

私:確かに飲んでみると鼻がスーッとなるね。

ちなみにこのお酒は辛口に分類されるようだけど、実際かなり辛い方なの?

 

W:いやいや全然。辛口の部類の中では、そこまで辛くない方だよ。

にしても後味が残らない感じもいいな、このお酒。

 

私:後味水に近いね笑 すっきりする、急に水に化ける。

 

W:最初はガツンとくるけど、二段階目に米の甘さが来るし、で最終的にはスーッと抜けてくるから美味しい。

 

私:めちゃくちゃビギナーなんだけど、この生酒って加熱されてないお酒のことを言うと思うのだけど。こうやってお店で普通に飲めるんだね。なかなか流通されないのかと思っていた。

 

W:酒本来の味を楽しめるのが生酒だと思う。

ただ、加熱処理がない分、確かに日持ちはしないよね。でも普通に飲めるよ。

 

 

辛口なんですが後から様々な味が顔をだしてきて、最後はスッと抜けていく味わい。

友人Wは鼻にスーッと抜けていくと言っていましたが、それもこのお酒の特徴だと思います。

 

 

 

商品詳細

種類: 純米吟醸生原酒
使用米:新潟県魚沼守門産五百万石

精米歩合:60%
アルコール度数:17.0%
日本酒度: 0
酸度:2
アミノ酸度:1.2

 

製造元

玉川酒造:http://www.yukikura.com/product/echigoichie.html

 

(画像引用:kurando)