缶ビールの味の違いについて (エビス・ラガー・スーパードライ・プレモル)

エビスビール

 

コクと苦味を楽しむ、大人のビール「エビスビール」

コクと苦味が比較的強い。
どっしり感あり、苦味もほどほどあり飲みごたえ、余韻ともに楽しめるビール。

また、特徴とも言えるシックなデザインの黄金の缶が好きな人も多いのでは。

 

アルコール度数(100ml当たり)/5.0%
エネルギー(100ml当たり)/42kcal
糖質(100ml当たり)/3.0g
プリン体(100ml当たり)/約11.0mg
原料/麦芽、ホップ

 

 

キリンラガービール

 

2010年に改良されてより美味しさが増したと言われる「ラガービール」

ビール特有の苦みが効いたビール本来の味がするホップの苦みを残しつつ、軽快な味わいがある。
食事にも合うため、幅広く多くの人から愛される。
キレ・苦味・コクともにバランスのとれた味と言われる。

 

アルコール度数(100ml当たり)/5.0%
エネルギー(100ml当たり)/42kcal
糖質(100ml当たり)/3.2g
プリン体(100ml当たり)/約6.9mg

 

 

アサヒスーパードライ

高い支持を集める辛口ビール。アサヒ「スーパードライ」

1987年に辛口ビールとしてデビュー、日本ビール業界に革新を与えたビール。
辛口といえばこのビール、雑味のないクリアな味、キレがあります。
「ドライ製法」という造り方をしていて、モルト感を持たないすっきりとしたビールです。

 

アルコール度数(100ml当たり)/5.0%
エネルギー(100ml当たり)/42kcal
糖質(100ml当たり)/3.0g
プリン体(100ml当たり)/約5.0mg~6.0mg

 

 

ザ・プレミアムモルツ

 

みなさんお馴染みサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」

しっかりとホップの香りが感じられるビール。
口に含むと華やかな香りが広がります。

 

アルコール度数(100ml当たり)/5.5%
エネルギー(100ml当たり)/47kcal
糖質(100ml当たり)/3.8g
プリン体(100ml当たり)/約9.5mg